(新)風邪だと思ったんですが。悪性リンパ腫闘病記

風邪だと思って病院に行って出された診断結果は『悪性リンパ腫』そこから始まった血液のがん、抗がん剤治療、副作用、不安な日々との闘い。 そんな私とその家族の日々を書き綴ります。

出来る事。出来ない事。

突然の告知あなたならどう向き合いますか?!

 

今回は、『悪性リンパ腫』になって、私が少しだけ前向きになったきっかけを書いていきたいと思います。

 

『悪性リンパ腫』という病気。簡単にどういう病気かと言いますと、血液のガンです。血液のガンと言われても、ピンとこないですよね。私もそうでした。まだ、診断結果が出る前に、病院のベッドの上でポチポチとスマホ片手に自分の症状などを入力して何の病気なのか検索していた時です。

 

(高熱、咳、寝汗)・・・検索ポチッ。

 

『悪性リンパ腫』と検索上位に出てきました。はっきり言って、全く聞いたこともありませんでした。調べてみると、俳優の高倉健さんや元相撲力士の時天空さんなどが亡くなった病気とありました。スマホ片手に呆然としながら、(死ぬ病気なんだ。)

 

私が、初めて死というものを意識した瞬間だったと思います。

 

診断結果が出て、循環器科から血液内科に移動してきて2週間がたち、治療も少しだけ進み、家族のささえもあり、ようやく気持ちも落ち着き少しだけ病気と向き合えるようになったころ、自分の今置かれている状況や将来の事をよく考えるようになりました。

 

家族、仕事、自分、将来。色んな事を考えました。どうしたら、家族の負担を減らすことが出来るか、今の自分にもっと出来ることはないか。

 

そんな余裕などないはずなのに、毎日、申し訳ない気持ちでいっぱいなのです。何をどうすれば良いのか。改善策は、何かないのか。他にないのか。など毎日考えてました。

 

でも、そんな考え必要ない。今やるべきことはこれ。と気づくきっかけがありました。

 

それは、妻の一言でした。告知されて、『悪性リンパ腫』との闘病生活が始まって2~3週間が過ぎた頃の話です。何気ない会話の中で、『治療に半年かぁ。仕事どうしようかなぁ』と私は呟きました。色んな事で負担をかけてしまっていて、しかも、収入が途絶えてしまったので、申し訳なく思ってました。そんな思いから出た一言でした。

 

『そんな場合じゃないでしょ!』

 

そう言われました。毅然としたその態度に、『そうだね、、、。』というほか言葉がありませんでした。でも、妻が病院を後にした後、一人で考えていた時に(今何をするべきか・・・。一番優先するのはなんだろう?!)そう考え紙に書きだしたのが、下記の内容です。

 

 今の私ができる事、出来ない事(出来なくなった事)

 

出来る事

  • 病気の治療

 

出来ない事(出来なくなった事)

  • 仕事
  • 生モノが食べれなくなった。
  • 一人での行動

こんなものでした。少ないですね。書き出すまでもありません。でも、この時は、精一杯でした。あなたは『悪性リンパ腫』ですって告知された時から私と家族の将来設計は音もなく一瞬で消え去りました。終わった。そう思ったかもしれません。でも、前を向き始めて、自分を奮い立たせるために、すごく大事な作業だったと思います。

 

紙に箇条書きで、出来る事・・・病気の治療って書いたとき。やっぱりこれしかないな、これなら頑張れそうだと思えました。この、これなら頑張れそうだ。この言葉が私に前を向く勇気と前を向く力をくれました。 

 

サラリーマン生活の中で培った自己分析は、この時に非常に役に立ったと思います。まあ、妻の一言がなければ、分析することもなく申し訳ない申し訳ないと自分を悔いてベッドの中で悶々としていたでしょう。

 

前回も書きましたが、ストレスになることって、ものすごく心に負担をかけるんですよね。日常生活をしていれば、色んな事がストレスの原因になると思います。そして、そのストレスを発散するために、カラオケ行ったり、お酒飲んだり、パチンコ行ったりするわけです。たまに、ストレス発散が逆にストレスになったりもします。

 

あれもやって、これもやって。

 

出来れば良いんですけど。出来なければ、ストレスになります。だから、この時、紙に・病気の治療と一番シンプルで分かりやすく、書き出した自分を褒めてあげたいくらいです。よく書いた。しかも、一つだけ。

 

まさに、Simple is best.

 

この時に、もし、ずらずらと書き出していたら、恐らく、それがストレスとなり前も向けず、余裕もなくなり、家族にもツラく当たり、孤独になって行ってたことでしょう。そう考えると、ぞっとします。

 

パニックになった時、色んなことが起きてしまって、どうしていいか分かんなくなった時にこのblogを思い出していただければ、幸いです。

 

シンプルにすることで、より明確に、より正確に、より迅速にできる。

 

私がサラリーマン時代、自分に言い聞かせ、部下や後輩にもよく言ってた言葉です。

 

f:id:orangelamp8:20170611104706p:plain

最後まで読んでいただきありがとうございました。感謝いたします。

 

次回は、『はじめてのたいいん』を書いていきます。