(新)風邪だと思ったんですが。悪性リンパ腫闘病記

風邪だと思って病院に行って出された診断結果は『悪性リンパ腫』そこから始まった血液のがん、抗がん剤治療、副作用、不安な日々との闘い。 そんな私とその家族の日々を書き綴ります。

心身共にと言いますが。

心と体は表裏一体と言いますが本当にそうなんだと実感する日々が続いております。

 

『悪性リンパ腫』で入院したのが2016年の11月。

 

そうなんです。あと、1ヶ月足らずで去年のあの日になります。

 

外に出てみれば、風の匂いや気候、風の冷たさが私にあの日を思い出させます。

 

『悪性リンパ腫』は8月に寛解というひとつのゴールというか結末を迎えました。

 

でも、その頃から私の心の中で何やらざわめき起こり始めました。

 

体は随分と元気になりました。でも、体と一緒に頑張ってきた心がここに来て限界を越えたようです。

 

『自律神経失調症』です。

 

自律神経とは普段意識しなくても働いてくれる体の神経なのですがこれが不安やストレスの為に機能しなくなってしまいました。

 

辛い日々が続いております。

 

自分は何をやってるんだと思えば悲しくて涙が出ます。

 

呼吸すらまともにすることができません。

 

過去にも『鬱』になあったことはあるんですが、今回のは酷そうです。

 

食事、睡眠、運動、呼吸すら辛い状態です。

 

 

治療は終わったという解放感とは裏腹に社会復帰をしなければというプレッシャーやこの気候によって強烈なトラウマとなった再発への不安。

 

そして感じる家族との距離。

 

溜め息をつくことすら億劫で、何をする気にもなれません。

 

『悪性リンパ腫』の治療とは違って『鬱』にはゴールというか目標が見当たりません。

 

散々、病後も無理しないようにって言われてましたし、自分でも気を付けていたのですが、見事にハマっちゃいました。

 

こんなに苦しい日々が続くのなら、あの日に死んでおければ良かったと思うくらいです。

 

弱音なんか吐きたくないのですが、このブログは私の闘病すべてを書き記す為に始めたブログです。

 

正直、こうして頭に浮かんだ文字を書き興すことも、壮絶な苦しみがあります。

 

自分が自分でコントロール出来ない、感情も欲も。

 

寝れない日々が続き、食欲も無く、食べたいものも、やりたいことも浮かんできません。

 

頑張りすぎちゃいましたかね。

 

ここらで少し休もうと思います。

 

ここまで、無くした日々や時間を取り替えそうと無理しすぎちゃったのかなぁ。

 

少しだけ休みたいと思います。

 

まあ、焦らずに心も体も元気になる日が来るようにボチボチやっていきます。

 

原因は分かっているので少しずつ改善を図りたいと思います。

 

読んでいただいてありがとうございます。感謝いたします。