(新)風邪だと思ったんですが。悪性リンパ腫闘病記

風邪だと思って病院に行って出された診断結果は『悪性リンパ腫』そこから始まった血液のがん、抗がん剤治療、副作用、不安な日々との闘い。 そんな私とその家族の日々を書き綴ります。

私の身に何が起きたのか

10月の下旬夜寝ている時に激しい頭痛に襲われました。日々のストレスで鬱々としてて不眠になってたのも原因のひとつかもしれません。この日は朝方寝れそうだと思って寝ようとしたときでした。実は以前から隣人のたてる騒音や昼夜問わずの農機具などの音などでストレスを感じて不眠ぎみになっていました。このひはその隣人が我が家の庭先で焚き火を始めました。事を荒立てたくないとずっと黙っていましただがこの日は風も強く煙と音もパチパチとうるさくとても寝れませんでしたので文句にひとつでも言おうかと家の外に、睡眠不足でふらついた私は頭を家の壁で強打してしまいました。そしてその日の夜、普段もちょっとくらいの頭痛では鎮痛剤も飲まない私ですが、この夜は、2個4個と飲んでいくうちに朝までには市販の鎮痛剤を1箱飲んでました。それでも頭痛はおさまりませんでした。夜が明けて痛みが少し収まり外出したらまた頭痛に襲われました。急いで病院に電話を掛けて主治医と話すと直ぐに病院に来るように言われました。妻に連絡をして救急車を呼び救急病院に向かいました。そこで頭のCTを撮ったところ悪性リンパ腫が頭で再発して中から圧迫しているのが頭痛の原因ではといわれました。そのまま6月まで入院していた大学病院に救急車で運ばれて出された診断結果は悪性リンパ腫の再発でした。去年の11月から入院して6月に退院して8月に寛解と言われたのにまさかの再発でした。頭痛は中々おさまりませんでした。急いで治療が始まりました。再発の場所が脳内ということもあり、この日前後の記憶がおぼろげで3週間くらいの間ありませんでした。最近になってやっと頭と心の整理がついてきたので、このブログを書けてます。日々のリハビリや心の整理はつきませんが応援してくれる人たちと自分のために少しずつ頑張っていこうと思います。頭も痛く指も上手く動かせない状態ですが頑張れるだけ頑張りたいと思います。これが今の私の精一杯です読者の皆さまこれからもよろしくお願い致します。