(新)風邪だと思ったんですが。悪性リンパ腫闘病記

風邪だと思って病院に行って出された診断結果は『悪性リンパ腫』そこから始まった血液のがん、抗がん剤治療、副作用、不安な日々との闘い。 そんな私とその家族の日々を書き綴ります。

私が行っているR-MPV療法について

平成29年の10月に再発が分かり、救急車で搬送された私ですが、『悪性リンパ腫』の再発場所が脳内という事もあり、その後の生活・治療にも色々と苦労があります。

 

このブログを更新するのも結構、消耗が強いられます。私の病名は『びまん性大細胞型B細胞リンパ腫』というものなのですが、再発場所が脳内という事もあって、その治療方法は、依然行っていたR-CHOP療法やR-EPOCH療法とはちがいます。

 

その大きな理由として、通常人間の脳は外敵から守る為に脳には『血液脳関門』と言う脳を守る門番があるらしいのです。その為、今まで行っていた治療法では、抗がん剤がこの門番を突破できないために、使えないという事でした。

 

それだけ、脳腫瘍の治療は厄介なようです。

 

それでも、治療しない訳には行かないので、脳に到達しやすい抗がん剤を使おうという事で、メソトレキセートと言う抗がん剤を使っています。このメソトレキセートをと以前も使っていたリツキサンを併用して使っています。

 

抗がん剤の治療は以前から行っているCVカテーテルを使って投与しています。

 

医師の話によると、このメソトレキセートとリツキサンを併用した抗がん剤治療を5回行って、その結果で、抗がん剤治療を続けるのか、放射線治療に移行するのかを判断するらしいです。

 

この悪性リンパ腫』の事をいれば知るほど、血液のがんなので体中に出来る可能性もありますし、外科手術の様に切除して、腫瘍を取り除くという事も出来ない病気なので厄介だなと思います。

 

再発前もR-CHOP療法とR-EPOCH療法を合わせて7コース行った事で、私の体から悪性細胞は無くなったと判断されました。でも、悪性の強い悪性細胞が残っていた可能性があったらしく、それが脳内を新しい住処として再発してしまったのです。

 

脳内に腫瘍が出来ると。色んな弊害が出てきます。私が今、実感している症状としては、ふらつき、眼が悪くなった、強い倦怠感、物覚えが悪くなったなどです。記憶に関しては、聞いた話、病院で預かったもの(書類など)を何処に置いたかなど思い出せない事もよくあるレベルです。

 

ここまで書いた治療が今日から始まります。現在4コース目で後、1コース終われば、その後の治療方法を判断されるという事になります。

 

上手くいって欲しいものです。

 

メソトレキセートを大量に投与された後も、体内にメソトレキセートが残っていると重篤な副作用を起こす可能性があると言われているので水分を大量に点滴で体内に入れられて、それを尿として出さないといけません。その尿を48時間後、72時間後に測定されてちゃんと体外に排出されているかの確認をされることになります。

 

毒性の強いものを輩出しないといけないという、強迫観念もあって、まさに、オシッコとの闘いです。

 

今回は、ここまで私の治療方法について書いてきましたけど、まだまだ、これを書くには早すぎたかもしれません。再発のショックをまだ乗り越えてないまま、自分の病気の事を知るということで、精神的にとても辛くなりました。

 

正に今自分は、悪性リンパ腫と言う病気と闘病をしているんだなと思います。治療も闘いもまだまだ続きます。多くの力を借りて、闘っていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。感謝いたします。