(新)風邪だと思ったんですが。悪性リンパ腫闘病記

風邪だと思って病院に行って出された診断結果は『悪性リンパ腫』そこから始まった血液のがん、抗がん剤治療、副作用、不安な日々との闘い。 そんな私とその家族の日々を書き綴ります。

悪性リンパ腫と闘って1年

悪性リンパ腫の再発から4度目の抗がん剤治療が終わり、今は一時帰宅中で、自宅に戻っています。

 

以前の一時帰宅は家に帰れるのが嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

 

でも、私の入院生活が長引いた事によって、その嬉しいはずの一時帰宅が辛くなっています。

 

パパが居ない1年で妻と娘には完全に2人の生活が出来ていました。淋しい限りです。再発前は、料理作ったり、家族で出掛けたりしましたが今の私の体調ではそれも叶いません。

 

二人が学校や仕事に行ってる昼間は鬱々と過ごし、たまに散歩する程度。以前は家事して気も紛れましたが今の私の体調では無理です。でも、家族は違って、家にいる限り、元気になったと思われてるんだと思います。

 

だから、いつもゴロゴロして少しは何かしなさいと、厄介だったり、怠け者と思われてるかもしれません。

 

抗がん剤治療のキツさ、辛さは目に見えません。病気の辛さも。確かに家族も大変ですが。

 

私はどうしたらいいんでしょう?色々やってあげたいけど出来ない。そんな気持ちと疎外感の中で過ごしています。

 

前回の悪性リンパ腫の時は体の負担が大きかったですが(精神的にも楽ではありませんでしたが、、、。)今回は精神的に辛いです。

 

ストレスなく過ごしたい。そう思う日々です。

 

ガンと言う病気は患者も家族の生活も変えてしまう病気だとよく言います今が正にそれです。

 

病院の消灯時間の21時に慣れきった今では、家族でテレビを観ていた家族団欒の時間も私のストレスとなります。

 

私は休みたい。、、、。でも、家族には関係ないですよね。静かにしてと言ったこともありましたが、後で自己嫌悪になりました。私が悪性リンパ腫何かになったからで家族には関係ないですよね。と思ったからです。

 

これがここ最近の私の近況です。つくづく前回の悪性リンパ腫の治療中とは違います。それだけ、再発って大変だと思います。

 

前回と比べちゃいけない、比べちゃいけないと思いますが、中々上手くいきません。

 

健康な体と心に戻して、また、楽しく家族で過ごす日々に戻りたいです。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。感謝致します。