(新)風邪だと思ったんですが。悪性リンパ腫闘病記

風邪だと思って病院に行って出された診断結果は『悪性リンパ腫』そこから始まった血液のがん、抗がん剤治療、副作用、不安な日々との闘い。 そんな私とその家族の日々を書き綴ります。

今は休むが吉

去年は行けなかった初詣に今年は一時帰宅中だったので、家族3人で元旦から行くことが出来ました。

そして、恒例のおみくじを引きました。

 

そこに書いてあった事が、『今は休むが吉』でした。元気な時ならば、何で~?と思うでしょうが、何だか少しだけほっとしました。悪性リンパ腫と言う病気によって一年以上社会から遠ざかり、治療の日々が続いています。色んな事が頭をよぎっては、私は、自分を責めてしまいます。

『もう自分を責めるのを止めよう。』

そう思うようになりました。今年は、雑煮も食べれたし、おとそも少しだけ飲んだし、家族で初詣も行けたし。

 

良い年にしよう。

 

そう思えたお正月でした。退院中、色んな手助けをしてくれた家族に感謝です。

 

1月9日から入院しているベッドの脇には娘が選んでくれた『健康』の御守りがぶらっさがってます。

 

頑張んなきゃ。

 

挫けそうな時はそれを見て、気持ちを奮い立たせてます。

 

頑張んなきゃ。

 

オレンジランプは療養中と言い聞かせながら。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感謝致します。